動画編集向けの実用コントローラー「TourBox NEO」

動画や映像の編集作業する時、マウスとキーボードだけで各種の操作、パラメータ調整を行うと、不便と感じる場合があります。 動画編集向けのコントローラーを利用すれば、様々な作業をより直感的に完成でき、作業の速度と効率を向上させる事もできます。 TourBox NEO はまさに動画編集用に最適な左手コントローラーです。本記事ではこのTourBox NEOの特徴や機能を皆さんに紹介します。

製品ページ 公式ストアで購入 楽天で購入

対応編集ソフトが多数

TourBox NEOはPremiere、PowerDirector、Final Cut Proを含め、数多くの人気動画編集ソフトを対応します。 そのほか、クリスタやPhotoshop、Lightroomなどのイラスト制作、画像編集ソフトからChrome、FireFoxのようなブラウザソフトまで、 いろんなジャンルのソフトウェアもこのコントローラーを使えますので、様々な場面で活躍できます。 実際の作業中には使用しているソフトによって自動的にプリセットを切り替えることができますので、同時に複数のソフトを使用しても問題ありません。

クリエイティブソフト

高度なカスタマイズ性能

TourBox NEO各ボタンの機能は専用ソフト TourBox コンソール で自由に設定できます。各機能の設定は特に制限がありませんので、自分の習慣とボタンの位置によって、動画編集する時よく使用する機能とショートカットを好きな位置に設定し、 一番自分に合うプリセットを作成しましょう。例えばコントラストや彩度、露光量などよく調整するパラメータをボタンに設定すれば、メニューや画面上に選択しなくても、 ボタンを押すだけでそのパラメータを呼び出し、調整することが可能です。作成済みのプリセットを変更することも簡単ですので、実際に作業する時の感覚に合わせてプリセットを調整すれば、 TourBox NEOはより使いやすいコントローラーになれます。

TourBox コンソール

実用的なビルトイン機能

ソフトに内蔵される機能とショートカットを以外、TourBoxには独自に開発したビルトイン機能もあります。 例えば動画編集作業に向けて、ノブやダイアルボタンを回転してタイムラインを移動するビルトイン機能がありますので、より精確に移動でき、 マウスとキーボードだけで操作するより遥かに便利です。TourBox コンソールには マクロ機能 も搭載され、複雑な一連の操作をボタン一つで全部完成し、操作の手間とかかる時間を節約できます。ビルトイン機能はソフトウェアのアップデートと共に、今後も続々追加されます。

ビルトイン機能

洗練されたデザイン

TourBox NEOは実用性を重視するデザインを採用しています。コントローラー本体には14個ボタンが配置され、それぞれの形状は異なりますので、ボタンを触るだけでボタンを区別できます。 これで動画編集の作業を進行する時画面の効果により集中することが可能です。本体の重さは370g、背面には4つの滑り止めが配置されています。 デスクに置いて使う時は安定感があり、操作を正確に完成できます。

TourBox NEO

TourBox Neo は世界中に10万人以上のユーザーに愛用され、好評を受けています。クリエイター向けの左手コントローラーとして設計されたTourBox NEOで動画と映像の編集はもちろん、 写真加工やイラスト制作などの方面でも実用的です。様々な操作をより直感的に完成することによって、各種作業を速度と効率を大幅に向上できます。 WindowsとMacのパソコンも使用可能ですので、動画編集用のコントローラーをお探しでしたら、ぜひこのTourBox NEOを利用してみてください。

楽天で購入