【保存版】動画編集を効率化できる5つのコツ

動画編集はすごく時間がかかる作業です。数分間の動画を作るために何時間をかかる状況も決して珍しくありません。 動画編集の効率を上げて、時間を節約したい方も多いでしょう。この記事では使用ツール、周辺機器、テクニックなどの方面で動画編集を効率化できるやり方を紹介します。

1、使用ソフトウェアの選択

動画編集用のソフトウェアで大手のPremiereやFinal Cut Proなどが有名ですが、初心者がいきなり本格的な編集ソフトウェアを使うと、 操作が慣れない原因で逆に効率が下がる可能性もあります。それから動画の用途によって、ソフトの使い勝手も違います。 自分で撮影した動画をじっくり加工するか、YouTubeやTwitterに投稿するために簡単にカットするか、初期はまず情報収集をしっかり行い、 各ソフトの評判や使い道などを確認してから、自分に一番合う動画編集ソフトウェアを選ぶことがおすすめです。

Adobe Premiere Pro (画像はPremiere Pro公式サイトより)

2、左手デバイス導入で操作をより高速に完成

動画編集の作業を行う時に使用する機能や調節するパラメーターなどが多いです。ソフト内のショートカットを使って操作スピードを上げるのは一般的ですが、 大量のショートカットを覚える必要があります。そしてショートカットのキー配置によって、押しづらいショートカットも少なくない。 動画編集は基本長時間の作業ですので、キーボード上で頻繫に様々な配置のショートカットを使うのは手首に負担をかかり、腱鞘炎になるリスクも高くなります。 そしてソフトによって、一部の常用の機能はショートカットに対応できず、結局マウスを使って選択、調整しなければなりません。そうなると動画編集の効率もガタ落ちです。

そこで動画編集の作業に左手デバイスを導入すれば、上記の問題をすべて解決できます。例えば として多くのユーザーに好評された TourBox NEO (ツアーボックスネオ)はPremiere、Filmora、Vegas Pro、Final Cut、DaVinci Resolveなど主流的の動画編集ソフトウェアに全部対応でき、 自由に各ソフトウェアのショートカットや機能を本体にある14個のボタンに登録できます。さらにこのデバイスは マクロ機能 も搭載していますので、複雑な操作や大量のファイルの処理もボタン一つで完成可能、動画編集の効率を大きく向上できます。

動画編集 左手デバイス

3、長時間作業に備えて周辺機器を揃える

動画編集にとって、作業時間が数時間に及ぶのはとっても普通なことです。長時間の作業に向けて、 疲労軽減や集中力を増やす周辺機器を揃えば、動画編集の効率化にも繋がります。先ほど紹介した動画編集向け左手デバイスTourBox NEOは高速で操作できる以外、 大量の操作を片手に収まることによって、手首の移動を減らすことができ、疲れにくい他に腱鞘炎の予防にも役に立ちます。

マルチスクリーンとヘッドホンも動画編集にとって実用的なツールです。一つの画面で作業をするより、マルチスクリーンを使用する効率は格段に上がります。 特にノートパソコンを使用している方にとって、本体のスクリーン以外に大画面のディスプレイがあれば、行った調整の効果をはっきり確認でき、 作業中複数のウィンドウを切り替える時間も節約できます。音声面の編集効果についても、スピーカーよりヘッドホンの方がうまく確認でき、集中しやすいです。

それからビデオと映像の編集は基本パソコンの前で座って行う作業ですので、適切のゲーミングチェアがあれば長時間座ることによって体、特に腰への負担を最大限に減少できます。 体に疲労が溜まれば集中力が下がって、操作ミスも出やすいです。最悪の場合効率化云々以前に、体へのダメージが深刻になって、病院通らなければならない状況になる可能性もあります。 本格的動画編集のような長時間作業をやりたいなら、ゲーミングチェアはまさに必須の一品と言っても過言ではありません。

ゲーミングチェア (画像はAmazonより)

4、テロップのテンプレートを用意する

テロップ入れは編集作業の中でも結構時間がかかるステップです。テロップ入れ直前で色やフォントなどを調整するより、あらかじめ用意したテンプレートの中から使いたいのを選ぶ方が効率が遥かに高い。 事前に各種の場面用のテロップテンプレートを作成、用意していれば、実際の作業中テロップ入れの掛かる時間を大きく節約できます。

5、作業フローを作る

明確かつ適切な作業フローがあるかどうかも動画編集の効率に影響します。事前に作業フローを決まらなければ、実際の編集作業中各ステップのやることがごちゃ混ぜになり、 同時に複数の工程を進行したいが、結局どのステップも満足に完成できず、作業がなかなか進まない状況が多発します。最初に作業フローを確定していれば、やることを一つずつ進行し、 集中して各ステップの作業を効率よく完成できます。

6、まとめ

動画編集は実際の作業をいきなり入るより、前述紹介した効率化コツのように、まず必要なデバイスや周辺機器を集めて、 作業フローをしっかり決めてから作業を開始する方が効率が上がりやすいです。本記事で紹介した左手デバイス TourBox NEO は世界中で10万人以上のユーザーを持ち、広く好評を受けています。動画編集をより高速的に完成することに興味がありましたら、 ぜひこの便利な左手デバイスを使って作業を効率化にしてみてください。